ワンピース「ONE PIECE」米国実写ドラマ化!尾田栄一郎のプロフィールやメッセージも紹介!

シェアする

世界に誇る漫画家尾田栄一郎氏!

尾田氏の代名詞にあたる偉作ワンピース「ONE PIECE」が、連載20周年を記念して米国ハリウッドにおいて初の実写ドラマ化されることを発表しました。

スポンサード リンク

ワンピース「ONE PIECE」米国実写ドラマ化!

これまでも、何度もワンピース「ONE PIECE」の実写化は噂されてきましたがいよいよそれが実現することとなったのです!

製作は、米ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手掛けたトゥモロースタジオが担当します。プロデューサーのマーティ・アデルスタインは、この20年間ずっとワンピース 「ONE PIECE」のファンだったと伝えています。

マーティ・アデルスタインは、コメントとして「集英社と尾田氏が大切なマンガを託してくれました。私の持っている全てをかけてワンピース「ONE PIECE」に全精力を注ぎ込み成功させたい」と語っています。また、テレビ史上最も高い製作費を投じるとも断言しています。

それだけの価値がある作品だからだと言っているのです!

その熱い思いが尾田氏や集英社の心に届いたのでしょうね!

週刊少年ジャンプの中野編集長は「尾田先生と相談して、映画ではなく、テレビドラマ化が一番ワンピース「ONE PIECE」に適しているのではないか」と判断したということです。

この話は3年ほど前からあったらしいです!

最も高い製作費を投じるということなので米国側の意気込みが伺えますね!

でも、まだ製作費や製作期間、放送開始日やキャストなどの具体的ところはシークレットのようです。

日米共同で製作されるワンピース「ONE PIECE」どのような描写になるのか期待とちょっと不安もありますが、楽しみにしたいと思います。

編集長が最後に言っていましたが、「重要なのは漫画ファンの期待を裏切らないクオリティーの担保」だと語っています。とてもハードルが高いと思いますが、ファンを驚愕させるくらいの作品になってくれることを願っています。

尾田栄一郎のプロフィール

尾田栄一郎 (おだ えいいちろう)

生年月日 1975年1月1日

出身地 熊本県

   稲葉ちあき(元モデル)

愛称  尾田っち

1997年より「週刊少年ジャンプ」

ワンピース「ONE PIECE」を掲載中

現在85巻の単行本の累計発行部数は

国内で3億5千万部を超え、42か国・

地域で流通、世界的ヒット作となっ

ています。

エピソード

油絵が趣味だった父親の影響を受けて幼いころから絵に親しんでいました。4歳の時に漫画という職業があるのだと気づき「大人になっても働かなくてもいいんだ!」と思い漫画家を目指したそうです。漫画家は仕事ではないと子供の頃は思っていたのでしょうね!

初めて読んだ漫画は藤子不二雄の「怪物君」小学5年生時には。「キャプテン翼」の影響を受けてサッカー部へ入部しました。このサッカー部での経験が後の漫画内でのチームワークにとても役立っていると語っています。

中学2年生の頃から本格的に漫画を描き始め、「ジャンプに海賊の漫画を描こうと目標を定めて、アイディアを貯め始めました。高校1年生の時にサッカー部を退部して漫画に集中することを決めました。

1992年の東海大学付属第二高等学校在学中に「月火水木金土日」(つきひみずきこんどう)のペンネームで投稿した短編「WANTED!]が「週刊ジャンプ」の新人賞の手塚賞に準入賞しました。

1994年に九州東海大学工学部建築学科を1年で中退した後、アシスタントを務めました。その時代に描いた読切の海賊漫画「ROMANCE DAWN]が後のワンピース「ONE PIECE」の原型だったんです。

1997年に「週刊少年ジャンプ」で海賊達の冒険と活躍を描いた「ONE PIECE」連載を始め、瞬く間に国民的人気作品となっていったのでした。

2004年ミュージカルワンピース「ONE PIECE」でナミを演じた元モデルの稲葉ちあきさんと結婚しました。

2015年ワンピース「ONE PIECE」が「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズとしてギネス世界記録に認定されました。

ワンピース「ONE PIECE」への信念

尾田氏は、ワンピース「ONE PIECE」は少年のものであるべきと考え、「作中で恋愛を描かない」「残虐なシーンは描かない」「戦いの後には仲間たちの楽しい宴が始まる」という制約の中で執筆していて、毎週15歳の頃の自分が楽しめるかを確認しながら作品を作り続けているそうです。

スポンサード リンク

尾田栄一郎のメッセージが気になる!

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。

僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、

紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど

20周年を迎える今日、その製作発表に至ったのは、

実は偶然でありとてもうれしく思います。

まず「20年間作品を支えてくれているファンを絶対

に裏切らない事」これが僕の条件です。

不安の声もあがるでしょうが、どうか期待の声をください。

そして、胸おどらせ、続報をお待ち下さい。

お楽しみに!!

と今回のワンンピース「ONE PIECE」実写ドラマ化に原作者である尾田氏はメッセージを送っています。

おわりに

世界のアニメファンを魅了するワンピース「ONE PIECE」!ハリウッドの地で初の実写ドラマ化製作されるます。どのような仕上がりになるか期待と不安が錯綜しますが成功が納められますよう熊本県人としても心より祈念します!

スポンサード リンク