うと地蔵まつり花火大会2017日程は?穴場が気になる!駐車場も調査!

シェアする

約370年の歴史をを持つ熊本県宇土市で開催される「うと地蔵まつり花火大会!」約3000発の花火が宇土の街に打ち上がります!

3000発という花火の数としては並みの数ですが、何故か観覧者が驚異的に多いのです例年の人出約9万人がこのうと地蔵まつり花火大会に足を運んだのです!

人を惹きつける何かがこのまつりにはあるはずです。それが何なのかリサーチしたいと思います。

うと地蔵まつりの歴史をひも解いてみたいと思います!

1646年に流行病を鎮めるために、お地蔵さま祀ったことが起源のようです。疫病が流行すると抵抗力の弱い子どもの死亡率が高くなったそうです。そこで子どもの守り神である地蔵菩薩に祈願したことからじぞうまつりは始まったとされています。

「うと地蔵まつり」は2日間に渡って開催されます。その初日を飾ってこの花火大会が実施されます。

日中は「南無地蔵大菩薩、あげてくださいお賽銭」という子どもの声が響き渡り、この日のためにお地蔵さまも開帳されます。

そのお地蔵さんに子どもたちが飾り立ててお供え物と一緒に通りを歩きます。また、商店街には、日用品や雑貨を素材にした「造りもん」が並んで、祭りを盛り上げます。

また、花火の他にコンサート、民謡パレード、お地蔵さん横丁など町全体が祭り一色になって大勢の人で埋め尽くされます。

この花火大会には、花火と共に宇土の歴史が体感できる楽しみがあるのです!

なぜ、9万人の人出があるのか、何となく分かってきました。花火大会、露店だけではなく他に無いこの街ならではの歴史を絡ませたおまつりが繰り広げられるからなんですね!

スポンサード リンク

うと地蔵まつり花火大会2017日程は?

場所:熊本県宇土市 善道寺町田園一帯

日時:2017年8月23日(水)20:30~21:10

(※荒天の場合は翌日8月24日(木)に順延・延期)

有料観覧席:なし

会場規制:18:00~22:00会場周辺

トイレ:7か所

穴場が気になる!

穴場スポットを地元の知人に聞いてみました。

3号線の松橋バイパス沿い」が穴場のようです。

でも、花火が打ち上げられる地点の周囲が、田園で視界が開けているので、実際どこから見てもきれいに花火は観覧することができます。

比較的、場所取りには苦労しないようです!

スポンサード リンク

駐車場も調査! 

無料駐車場有ります! 

宇土市役所裏駐車場:約300台

宇土市市民体育館駐車場:約100台

宇土市運動公園駐車場約:200台

いずれも、18:00~23:00頃まで解放しています。

人吉花火大会2017日程は?ポスターも気になる!穴場と駐車場もチェック!
夏の風物詩と言えば、花火です!花火大会で見る女の子の浴衣姿もかわいいですね!花火とゆかったって凄くマッチします! さて、今回紹介す...

アクセス

JR鹿児島本線宇土駅から徒歩15分

車利用の方

九州自動車松橋IC国道218号を経由して国道3号線を宇土方面へ車で7キロ

問い合わせ先

宇土市役所商工観光課内、うと地蔵まつり実行委員会事務局

0964-22-1111

スポンサード リンク