真風涼帆(すずほ)の年齢や画像を紹介!相手役は?母についても調査!

シェアする

昨日、熊本の地方新聞を見ていたら、宝塚宙組の真風涼帆さん(熊本県大津町出身)が次期宙組トップスターに抜擢との記事が目に飛び込んできました!

熊本県人としては、久々の熊本から輩出された宝塚のトップスターです!今回、真風涼帆さんを応援する意味も込めてブログに載せようと思います。

失礼ながら真風涼帆さんのことは初めて知りました。ごめんなさい!

それでは、熊本が生んだ宝塚トップスター真風涼帆さんをリサーチしていきたいと思います。

スポンサード リンク

真風涼帆(すずほ)の年齢や画像を紹介!

真風鈴帆さんの年齢も含めて画像とプロフィールを紹介します。

名前:真風涼帆(まかぜすずほ)

本名:松谷諭里華(まつたにゆりか)

出身地:熊本県菊池郡大津町

出身校:熊本県立大津高校

身長:175㎝

生年月日:1986年7月18日 

血液型:B型

宝塚音楽学校入学:2004年

宝塚歌劇入団:2006年

入団期:92期生

2006年3月:「NEVER GOODBYE」

初舞台

2009年:「My dear New Orleans」

新人公演初主演

2015年:星組→宙組へ組替え

2017年:11月20付けで朝夏まなとさんの

後任として、宙組8代目トップスターに

就任予定

愛称:ゆりか、すずほ

年齢については、公表されていないのではっきりとした年齢は分かりません

真風鈴帆さんは、宝塚界では、早くから頭角を現し、現在まで、スター街道を駆け上ってきました。星組に配属された時に、新人公演の主演に抜擢され、一気にそこで注目されるようになりました。

入団当初から、雪組の元トップ水夏希さんに似ていると言われていて、その伸びやかでダイナミックなダンスには、定評があります。

黒髪がとても似合っていて、身長も175㎝!それに抜群のスタイルの持ち主なので、何を着てもさまになるんです!そんな容姿と雰囲気を持った真風涼帆さん「もう男性にしか見えない」ともっぱらの評判です!

でも、こんなに男らしい感じの真風鈴帆さんですが、プライベートではほんわかした性格の持ち主のようです。あら!!

宝塚の男性役は、ギャップが結構ある人がいるようですが、真風鈴帆さんもその一人のようですね!

でも、人ってそのギャップが魅力だったりしますからね!

インタビューなどで話す口調がゆるいのでファンから「ゆるふわなゆりかちゃん」とか「まかたん」とか呼ばれています。

親しみがあっていいですね!

スポンサード リンク

相手役は?

相手役は星風まどかさんです!星風さんは東京都出身!新トップのお二人は、年末の「タカラズカスペシャル2017ジュテーム・レビューーモン・パリ誕生90周年」がコンビとして初仕事となります

そして、来年1月12日から東京国際フォーラムにおいてお披露目公演が予定されています。

ここで星風まどかさんの紹介をしておきましょう!

星風まどかさんのプロフィール

生年月日:11月11日

出生地:東京都国分寺市

身長:162㎝

血液型:A型

2012年4月:宝塚音楽学校入学

2014年3月:宝塚歌劇団に

100期生として入団

初舞台:2014年3月「宝塚をどり」

宝塚のファンだったお母さんの影響を受けて小さいころから宝塚はとても身近な存在だったようです。

お二人とも新トップとして今後の活躍が楽しみです!!

母についても調査!

真風涼帆さんのお母さんは、ダンス教室を経営されていました。娘さんが宝塚に進む環境は小さい時からあったんですね!

中学3年生の時に熊本で宝塚の公演があった「大海賊/ジャズマニア」を初めて観劇したときに、会場に音楽学校の願書が置いてあったそうです。その書類を持ち帰り、何の準備もしないまま、ただお母さんの勧めがあって宝塚を受験してみたのだそうです。

その時は2次で落ちたそうです。さすがに何も準備していなけえば落ちますよね!そんな甘い宝塚ではありませんから!

でも、何の準備もなく1次は通過するというのも凄いことだと思います。宝塚といったら驚異の競争率ですからね!

落ちた後でもやはり宝塚への夢は捨てきれず、高校に入学後には本格的に声楽やバレエを習い始めました。

そのレッスン代をまかなうために、ショッピングモール内のパン屋さんでアルバイトをしていたという話もあります。頑張り屋さんです!

そして、3度目の正直で見事音楽学校に合格したのでした。

今回、第8代目の宙組のトップスターが熊本から誕生しました!今後のご活躍を心から期待しています。

是非私も機会を見つけて真風鈴帆さんの公演を見に行きたいと思っています。

スポンサード リンク