ラン活2018年はいつから!購入時期は?土屋鞄も調査!

シェアする

最近よく耳にするのが「ラン活」えっ!何それって最初聞いた時は思いました。実はランドセル関連の造語だったのですね。

子供のためにランドセルを準備することを「ランドセル活動」と言ってそれを略して「ラン活」と言っています。今、保護者の争奪戦が過熱しているのです。どんどん子供の減少に拍車がかかる一方、祖父母や父母がランドセルの高級志向に走っていてランドセル業界の商戦が激化しているようなのです。

市場規模は、2010年に350億円から16年には600億円程度拡大となっています。

ラン活2018年はいつから!

新1年生は、4月に入学したばかりなのにもう来年入学の子供さんをお持ちの方々はラン活を始めているようなのです。驚きです!人気商品が品切れ状態になってしまうので早めに購入しようと考えている人が多いようです。

年々ランドセル商戦は早まっていて、早いところではもうこの時期百貨店やスーパーにランドセルが並んでいます。お気に入りのランドセルを探してお店巡りをする「ラン活」が雑誌などにも紹介してあります。

また、インターネットの普及で地方のランドセル工房まで情報が把握できるようになったこともラン活が加熱してきている理由だと言えます。

特に高級ランドセルや工房系ランドセルに人気が集中しています。ランドセルは手作り商品の場合大量生産ができないため、人気がある商品については品切れ状態を起こしてしまうのです。ですからこのようにお目当てのランドセルを手に入れるために前倒しで商品を購入するという動きが起きているのです。。

購入時期は?

大手ランドセルメーカーが売り出すランドセルは、4月~5月頃から新作発表、先行販売があります。販売のピークは12月~1月になります。

今、脚光を浴びている人気ブランドや工房系ランドセルの新作発表は5月~7月に行われそれに合わせて、カタログ販売や注文の受付が始まります。そして夏前には完売状態となるわけです。

このような傾向からすると、やはり4月からすぐに情報を集めて、お目当ての新モデルが出そろった段階で、どれを購入するかを決定しておくのがベストみたいですね!

今の時代は、もうすぐ入学だからランドセルを買おうではなくて、4月に入ったらランドセル情報を集めよう!の時代になっているのですね!

また、ラン活を結構皆さん楽しんでいらっしゃるようです。ランドセルをお祝いでプレゼントするおじいちゃんやおばあちゃんが、お孫さんと一緒にお出かけをしてランドセルを見て周るという楽しみ方をされているようです。

土屋鞄も調査!

「ラン活」に乗り遅れないようにと思ってもどこで購入すればいいの?と悩まれる方もいらっしゃると思いますので人気ブランド店をいくつかご紹介したいと思います。今回ご紹介するのはお店の一部です。他にもたくさん素敵なお店がありますのでご自身で探されて気に入ったランドセルと出会われてくださいね!

土屋鞄

土屋鞄は、創業53年の歴史を持つ有名な工房です。ランドセル一つ一つを丹精込めて職人が手作りで仕上げていきます。新作発表は4月~5月の連休明けの間に行われます。選考展示会が5月末、インターネット販売が6月下旬、店頭販売が7月上旬の予定です。予約が達した時点で販売中止となります。

土屋鞄ランドセル情報

萬勇鞄

こちらも手作りでランドセルを作っています。特徴は金具などにもこだわりがあります。また、ローマ字で印字された自分の名前が入りますので、自分だけの特別なランドセルというオリジナル感を持てます。萬勇鞄は春先に新作を発表して、カタログの受付を開始します。購入受付5月から始まって生産予定数に達した時点で販売中止となります。

萬勇鞄ランドセル情報

フィットちゃん

公式サイト・ショールームで2018年度ラインナップの販売を4月から開始しました。オーダーメイドランドセルも手がけているようですがこちらも人気があるようですね。フィットちゃんは種類も、カラーも豊富です。現在無料カタログと生地見本の予約申し込みを開始しているようです。カタログは2週間程度で順次届くようです。

ショールームは代官山、名古屋、富山、東京・八重州、梅田、横浜、池袋、福岡にあります。

    ↓↓↓

フィットちゃんランドセル情報

セイバン

セイバンの天使のはねはCMでとてもおなじみです。ここも2018年ランドセルカタログの請求を開始しています。「ラン活応援book」を作成していてこの1冊にセイバンのランドセルが載っていますので見てみるととても参考になると思います。セイバンの代名詞天使のはねはベルト部分が白い羽のような形をしていて硬すぎず、柔らかすぎずこの「天使のはね」があることによって肩ベルトがグッと立ち上がり体にフィットする仕組みとなっています。

   ↓↓↓

セイバンランドセル情報

ニトリ

ニトリのランドセルは「わんぱく組」です。このランドセルの特徴は大容量で物がたくさん入る構造になっています。小学生の持ち物は意外と多いものです。大き目の荷物もすっきり収まります。また、テイジンとの共同開発による丈夫で軽い生地を使用しているので傷が付きにくい使用になっています。

    ↓↓↓

ニトリランドセル情報

そこで気になる一般家庭のランドセル平均購入価格ですが調べてみました!

ズバリ!!40,000円台です。これはフィットちゃんの公式サイトに掲載されていたものです。

1位 40,000円~49,999円

2位 30,000円~39,999円

3位 50,000円

大切な子供さんが6年間使うものですからランドセルの素材、デザイン、アフターサービス、そして値段をしっかり見比べて決めたいものですね!