熊本震災から10か月名城熊本城の今を見る

シェアする

こんにちはケイです!

熊本が誇る城!!

難攻不落の名城熊本城!みなさんもご存じのように2016年4月14日21時26分の前震(M6.5)では、大天守の瓦が落下し、壁のひびや塀の崩落がありました。

その時点では、そこまでの深刻な被害はありませんでしたが、4月16日1時25分の本震(M7.3)での悪夢のような地震の再来により熊本のシンボルでもある熊本城ははかなくも、重要文化財建造物の多くが被災してしまいました。

スポンサード リンク



震災時の我が家の状況

私も熊本に住んでいますのでこの時の状況は刻銘に覚えています。最初、下から突き上げるような衝撃が走り、揺れは段々と大きさを増し立っていられない状況になり、少し揺れが治まった所で急いで1階へ移動しました。それから何度も余震が続き生きた心地はしませんでした。

停電もしてしまい建物の倒壊を恐れ急いで家族と共に外へ飛び出したのでした。

私の住んでいる地域は比較的被害が少ない所ではありましたが、それでも夜が明け近隣を見渡して見ると瓦屋根の損壊がひどくあちこち瓦屋根の地肌が見えている家が何件もありました。

幸いにして自宅は、室内にあった観葉植物の鉢が割れた事と、本棚が1か所倒れたくらいで家自体の被害は受けませんでした。

しかし、友人のいる益城町というところは南阿蘇と同様被害が大きく、亡くなられた方もたくさんいらっしゃいました。その友人宅も帰宅が全壊し今は、県が用意したプレハブ住宅に住んでいます。

かなり不便なようですが、現実を受け止め何とか前向きに生きて行こうと努力をしているようです。

スポンサード リンク



現在の熊本城の状況

熊本城の話に戻りますが、立ち入り禁止区域をテレビの画像で見たのですが、地面に地割れが走り、波を打つようにでこぼことしてました。

天守台の周辺には、砕け落ちた瓦や、地震の衝撃で石がぶつかりあったのでしょう、ガラスの破片のように石が細かく砕け落ちていました。

今もなお、石垣は崩れ落ちたままとなり見るも無惨な光景となっています。

熊本市内に行き、この熊本城を見上げると何とも言えない悲しさやわびしさが込み上げてきます。

熊本城には年間180万人の人が訪れていました。

熊本市は3年後をめどに天守復旧を目指しているようです。

今、テレビのコマーシャルでタモリ、ジョーンズ&くまモンコラボで再建中の熊本城応援CMが流れています。

今は、見るにしのびない姿ですが、後何年かかるか分かりませんが、震災前の堂々たる姿に蘇る日を待ち望んでいます。

負けんばい熊本!!

スポンサード リンク