宮藤官九郎(脚本家)が大河ドラマに挑戦!星野源起用は?経歴や作品をリサーチ!

シェアする

2019年2年後の話ですが、NHK大河ドラマは33年という時を経て、久々に近現代史に挑みます。そのタイトル名はいだてん~東京オリンピック噺(ばなし)~!

あらすじは、過去のオリンピックに実際深く関わった2人の男性の物語です。その一人は、中村勘九郎さん演じるオリンピックに初参加した選手金栗四三氏(かなくりしぞう)

そして、もう一人は阿部サダヲが演じるオリンピックを呼んだ男、田畑正治氏(たばたまさじ)を題材にしてドラマ化したものです。

W主演ということで、ドラマ構成は、前半金栗四三氏(かなくりしぞう)物語、後半田畑正治氏(たばたまさじ)という流れで放送予定のようです。

金栗四三氏(かなくりしぞう)演じる中村勘九郎さんは、金栗四三氏(かなくりしぞう)さんに面影が似ているところがあります。そのようなこともあって起用されたのではないでしょうか?

本職は歌舞伎役者さん!でも演じるのはマラソン選手、歌舞伎も体力勝負というところは共通しているのかもしれませんが、マラソンとは勝手が違いますからね!走る場面もたくさんあるでしょうから、今から体力付けておかないとちょっとしんどいかもしれません。

阿部サダヲさんは、今でも大河ドラマ徳川家康役で出演されていますし、いろんなCMでもお見掛けする今とてもノリにノッてる俳優さんですよね!演技がとてもお上手でどんな役でも器用にこなせる方です!

スポンサード リンク

宮藤官九郎(脚本家)が大河ドラマに挑戦!

今回2019年の大河ドラマの脚本家に大抜擢されたのが、宮藤官九郎(くどうかんくろう)さんです。名前が歌舞伎役者のようですが関係ないのでしょうね?

宮藤官九郎さんは、テレビで何度かお見掛けしたことがあります。その時は、この人脚本家なんだ~くらいしか関心がなかったのですが、今回大河ドラマを手掛けるということで興味が出てきましたのでフォーカースしたいと思います。

スポンサード リンク

経歴や作品をリサーチ!

経歴

本名:宮藤俊一郎(くどうしゅんいちろう)

生年月日:1970年7月19日(46歳)

出身地:宮城県栗原市

高校:宮城県築館高等学校卒業

出身大学:日本大学芸術学部放送学科(中退)

血液型:0型

職業:脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、演出家、ミュージシャン、似顔絵イラストレータ

愛称は「クドカン」「くんく」「クン」

妻は振付師「八反田リコ」

血液型 O型

身長:176.5㎝

2005年に第1子女の子が誕生

【受賞】

読売文学賞

第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞

ゴールデン・アロー賞

岸田國士戯曲小

芸術選奨新人賞

第29回向田邦子賞

東京ドラマアウォード2013年脚本賞

第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本

【賞】

2013年新語・流行語大賞

第16回みうらじゅん賞

平成28年度(第67回)芸術選奨文部科学大臣賞

実家は、文具店を営んでいて、お父さんは、学校の校長先生を務めていました。幼少のころから文才はあったようで作文コンクールなどたくさん賞をもらっていたようです。

放送作家の高田文夫さんに憧れて同じ日本大学芸術学部放送学科に進学しましたが、残念ながら中退をしてしまいます。その理由の一つは友達ができず、つまらなかったからだそうです。何とも寂しい大学生活だったんですね!

宮藤官九郎(脚本家)の主な作品を見てみましょう!

映画

「GO」

「ピンポン」

「木更津キャッツアイ日本シリーズ」

「木更津キャッツアイワールドシリーズ」

「真夜中の弥次さん喜多さん」

「舞子Haaaan!!」

「中学生円山」

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

テレビドラマ

「池袋ウエストゲートパーク」

「木更津キャッツアイ」

「ぼくの魔法使い」

「マンハッタンラブストーリー」

「タイガー&ドラゴン」

「吾輩は主婦である」

「未来講師めぐる」

「流星の絆」

「うぬぼれ刑事」

あまちゃん」で第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本受賞

「ごめんね青春」

ゆとりですがなにか」で平成28年度(第67回)芸術選奨文部科学大臣賞

松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属同じ劇団員の阿部サダヲ、池津祥子などを多く起用しています。阿部サダヲさんとは同じ劇団だったんですねどおりで起用が多いはずです。

星野源起用は?

                          〔楽天〕

宮藤官九郎氏が所属する大人計画と星野源さんは、マネジメント契約を結んでいます。そのため、舞台に常連出演しています。

NHK「みいつけた!」で大人も泣ける名曲が生まれています。作曲:星野源 作詞:宮藤官九郎ここでも2人コンビを組んで、お互いの才能を融合させて、音楽の分野でも化学反応を起こしていますね!

このように、音楽、映画、文筆業にあらゆるジャンルで確かな評価を獲得しています。舞台で共演をしたり、脚本と役者、または作曲と作詞と共作も多い二人です。このようなものづくりに対する姿勢はもちろんですが「あまりにもお互いが特別な存在です」というように相思相愛なお二人です。

私たちにも息もぴったりな感じが伝わてきます。是非とも星野源さんも「いだてん」に出演させていただきたいものです。そうするとまたグーンと女性や若い世代の人達が大河ドラマに興味を持ってくれますからね!

2019年大河ドラマ「いだてん」についてはこちらをご覧ください

↓↓↓

いだてん!大河ドラマ2019年!金栗四三(かなくりしぞう)の経歴や功績をリサーチ!
現在、NHK大河ドラマは柴咲コウ演じる女城主直虎が放送されていますが、来年は西郷隆盛が主人公「西郷どん」が放送決定となっています。 ...

星野源さん!また、大河ドラマでお会いしましょう!!

スポンサード リンク