キラーストレスとは?対処法の運動や対策をチェックしてみました!

シェアする

こんにちは、ケイです。

私は、身体の不調から33年間勤めてきた職場から身を引く

決心をし、今は主婦として、家事をしながら情報発信などを

をして過ごしています。

今、思うと若い時は、ストレスの発散方法を自分なりに見つけ

嫌なことがあっても気持ちの切り替えがうまくできていたよう

に思います。

でも、ある程度の年齢になるとなかなか心と体の

バランスが取れなくなってしまいこれまでクリアしていた

様々な事が困難になってきたように感じます。

そのまま、無理をして今も仕事を続けていたら私の身体は

きっと悲鳴をあげて、病院通いとなっていたのではないかと

思います。

社会や家庭においてストレスが全く無いという人は

いないのではないのでしょうか?

みんな何がしかのストレス、あるいは心配ごとを抱えている

と思います。

そこで今日は、最近よく耳にするキラーストレスに興味を持ち、

自分なりに調べてみました。

スポンサード リンク

キラーストレスとは?

まず、題名の「キラーストレス」これは学術用語ではなく、

NHKが番組を制作するにあたってひねり出した造語のようです

ストレス反応の暴走によって脳細胞や血管を破壊してしまうことを

「キラーストレス」と呼んでいます。

まずは、アクセス殺到!!大反響のストレスチエックをやってみて現在どれくらいの

ストレスが自分にかかっているかやってみてください。

NHKスペシャルより  http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html

今の現代、仕事でストレスを感じている人がほとんどです!

ストレスを甘くみていると、命を奪う病の原因と形を変えていく危険性もあることを

しっかりと認識していないといけないと思います。

東京郊外にある国立精神・神経医療研究センターの功刀 浩

研究部長という方は、ストレスと脳の関係をはじめ、

コルチゾールやうつ病のリサーチを20年近く続けてきたスト

レス研究のスペシャリストの方が言っているのはストレスが長く

続くと海馬が萎縮して脳の中に隙間ができてくると言って

いるのです。

また、ストレスを感じると脳にある「偏桃体」と呼ばれる

部分が反応し、心拍数が上がったり、血液が固まりやすく

なったり、血圧が上昇したりしてしまうそうです

健康な人でもストレスが積み重なって、それが長時間持続

すると、ストレスホルモンが海馬を侵害するようです。

スマートフォンが普及して以降、うつや不安の症状を訴える

人が多くなってきているという人もいるようです。

スポンサード リンク

対処法の運動を取り入れる

運動をすれば、ストレス発散になるのは当たり前と思ってしまう

のですがどうやらそう単純に片づけるようなことではないようですよ

運動が、「ストレス反応の暴走を」抑えられるというのです!!

運動は自律神経が興奮するのを抑えることによて、ストレス反応の

暴走を抑え、心臓、脳、肝臓などの臓器を守ることに繋がるんだそうです。

運動って本当に大事なんですね!!

自律神経の興奮を抑える効果は、高齢者や何らかの病気を患っている

人ほど高いと言えるそうです。

私も姿勢矯正と健康のため歩き方教室に行っているけど、1時間30分

歩いた後は、とても気分が晴れて爽快感があります。

重要なのは、運動によって脳自体が変化をするということなのです

でも、やはり継続しないとすぐに元に戻ってしまうので、続ける

ことがポイントですね

対策をチェックしてみました

対策1 ストレス対策で重要な食事

ストレス対策でとても大切なのは食事です。

どのような食事がストレスにはいいのでしょうかそれはズバリ!!

だそうです。

魚に多く含まれるEPAやDHAは、かつて「頭が良くなる」と話題

になりましたが、血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、血液中の

中性脂肪を下げて糖尿病を防いでくれたりといった生活習慣病を防ぐ効果が

あることはとても有名ですが、

なんと!ストレスと心の病気の対策にも効果がある事が分かってきたそうです

対策2 コーピング

コーピングとは、簡単に言うと自分のストレスを観察し、最適なストレス発散

方法(対処法)を何度も繰り返す行動だそうです。

具体的に言うと

ストレスがかかった時、どのような解消法があるかをリストアップしてみます

例えば「ショッピングに行く」「美味しいものを食べに行く」「本を読む」など

なるべく数多く出してみることが大切だそうです!!

そして実際ストレスがかかった場面でそのリストアップの中から選んで実行

してみます。そして自分の中で抱えたストレスが軽減されたかどうかを観察し、

もし、まだストレスを感じていたら、別のリストで試してみるということを

繰り返す。

これがコーピングの代表的な手法なのだそうです。

対策3 マインドフルネス

マインドフルネスとは、瞑想の医学的な効果を研究する中から

生まれたようです。瞑想にまつわる宗教を一切排除して、ストレス

を減らすためのまったく新しい心理療法のようです

例えば眠りにつこうとベッドに入ったとき、あれこれマイナスなことを

考えてしまう。そこの意識を変えて「このベッド寝心地がいいなあ」

とか「今日も良い睡眠がとれるといいなあ」といったように

その瞬間の感覚に注意を向けるということが大切だそうです。

このマインドフルネスを受講した生徒は著しく幸福度が上昇した

という結果も報告されているようです。

マインドフルネスがストレスを減少させる効果を持つことは

世界中で報告されているようです。

スポンサード リンク