ジョンレノンが好きだったミルクティーとは?レシピや作り方もリサーチ!

シェアする

どうしても、今日のようにポカポカ陽気だとパソコンに向かった途端眠くなってしまいます。コーヒーを飲んだり、背伸びをしたり、深呼吸をしたりとやってみるのですが、しばらくするとまた、睡魔が・・・。

だめだと思って天気もいいし、庭の草取りでもやるかなっとビニール袋と手袋をもって外へ、一瞬で目が覚め、太陽の光を背中に浴びなら草取り作業をやりました。

とてもすがすがしい気持ちになります!

20分もすると眠気も覚めて、庭はきれいになり、太陽の光を浴びることで骨も丈夫になるということで一石二鳥ではなく、三鳥の得があるわけです。

体を動かして目も覚めたところで、集中してパソコンに向かいます!!

さて、4月40日(日曜日)の22時00~22時54分に放送予定のTBS系列「林先生が驚く初耳学」ですが

この放送の中で取り上げられる1960年代に伝説的な成功をおさめたロックバンド、ザ・ビートルズのリーダージョンレノンが、生前愛してやまなかったミルクティーがあることを取材したようなのです。番組では、ジョンレノンのエピソードを交えながらそのミルクティーを紹介していくもようです。

私も興味があったので調べてみました。

スポンサード リンク

ジョンレノンが好きだったミルクティーとは?

まず、ミルクティーの話に入る前にジョンレノンの人物像を少しお話ししたいと思います。

正式な名前は、ジョン・ウィンストン・オノ・レノンと言います。イギリスのミュージシャンで、あまりにも有名なあのザ・ビートルズメンバーで世界を一世風靡した人です。主にボーカル、ギター、作詞、作曲を担当したといいますから才能あふれる人だったんですね!

奥さんが日本人のオノ・ヨーコさん(芸術家)ということもあって、とてもジョンレノンは親しさを感じます。

でも、不運にも1980年12月8日にニューヨークマンハッタンにある自宅前で一人の男から銃で撃たれて命を落としてしまいました。

ビートルズとしても、ソロシンガーとしても音楽界に多大な功績を残し、今も尚ジョンレノンの名前がはせることなくファンの心に生き続けています。

特に私などは「イマジン」や「マザー」などが印象深い曲として残っています。

それでは、本題に入りますね!

ジョンレノンは紅茶が大好きで・ヨーコさんの実家が所有していた軽井沢の別荘の近くにある万平ホテルというところに滞在している間、足しげくロイヤルミルクティーを楽しむために通っていたのでした。

そのミルクティーの味わいだけではなく、ホテルのカフェとやラウンジの雰囲気がとても好きだったみたいで一人でも行っていたようです。

スポンサード リンク

レシピや作り方もリサーチ!

ジョンレノンが好きだったミルクティーが味わえるとしたらファンとしては、こんなに幸せなことはないですよね!

いったいどんな味のミルクティーだったのでしょうか?

実際、万平ホテルに行ってジョンレノンが何度も味わったというロイヤルミルクティーをいただいた人のコメントをご紹介しますが「激甘」という感想でした!

甘党だったのですね!

その当時、日本にはミルクティーなるものが無くて、このロイヤルミルクティーはなんと!ジョンレノン自身がこの万平ホテルの従業員さんにお願いをして作ってもらった味なのだそうです。

最初は、紅茶にミルクを入れて飲んでいたそうですが、通い始めて数年後、ホテルにレシピを持ってきて「これを作ってくれないかな?」ってお願いしたらしいんです。

現在も、その時対応した従業員さんが万平ホテルにいらっしゃるみたいです!貴重な方ですよね!

ジョンレノンは、お願いしたミルクティーの他にアップルパイも同時に頼んでいたということなんですが、本当に甘党なんですね!

ロイヤルミルクティーにアップルパイ!って想像しただけで胸焼けしそうな感じがしますが!

ジョンレノンは美味しく食べていたのでしょうね!

でも、この万平ホテルさんは、思わぬ看板メニューが出来てうれしかったでしょうね!

最近では、そのロイヤルミルクにアレンジを加え、ホイップクリームをのせているみたいです。アップルパイも当時のものから少しアレンジが加わているとのことでした。

このジョンレノンがホテル側にお願いしたロイヤルミルクティーのレシピについては、企業秘密ということで、公開はできないといということでしたので、それに近いロイヤルミルクティーの作り方を載せておきますね

ロイヤルミルクティーの作り方

耐熱容器に牛乳を約120ml入れ、

電子レンジで軽く温めます。

マグカップに熱湯をやく100ml

注ぎティーバッグを2袋入れ、小

皿でフタをして約1分置きます。

ティーバッグを数回振り、取り出

さずに牛乳を加え、再びフタをし

て約1分置きます。

これで出来上がりです。

結構簡単でしょう♪

                    [楽天]

1976年の昭和51年から1979年の昭和54年までの4シーズン、毎年この万平ホテルに宿泊していたということです。

       万平ホテルのホームページも載せておきますのでご覧ください

                   ↓ ↓ ↓

                万平ホテルホームページ