張本智和(卓球)の両親について!ラケットの愛用品は?身長や体重もリサーチ!

シェアする

卓球、世界選手権(デュッセルドルフ)、で開催された、男子シングルス2回戦で史上最年少で日本代表入りした張本智和君がリオデジャネイロ5輪の銅メダリスト水谷隼(27歳)に4-1で圧勝し、3回戦へと駒を進めました。日本のエースから勝利をもぎ取ったのです!!

今、日本では若干13歳、14歳の若き獅子達が私たち日本人を沸かせています。将棋界のホープ藤井聡太4段が快進撃を続けている中、今度は張本智和選手も続けとばかりに大金星の戦いぶりいったいこの少年たちの精神力はどこで、どのような環境で培われたものなのでしょうか?

前回藤井聡太4段については、記事にしているので今回は同じ中学生張本智和選手にフォーカスしたいと思います。

まずはプロフィールから

名前:張本智和(はりもと ともかず)

生年月日:2003年6月27日生まれ

年齢:13歳

住所:宮城県仙台市

所属クラブ:JOCエリートアカデミー

家族構成:両親と妹

スポンサード リンク

張本智和(卓球)の両親について!

両親は中国人で2014年まで全員中国国籍だったようです。出身は中国四川省です。父親の張本宇さん45歳は、現在男子ジュニア日本代表コーチをされています。自分の子どもをコーチできるというのは親にとってこの上ない幸せでしょうね!

母親の張さん42歳は、1995年の天津市で開催された第43期世界卓球選手権の元代表選手です。両親とも卓球界でご活躍されていたということで、張本智和選手はいわばサラブレッドなわけですね!

それから張本選手には、小学2年生になる妹さんもいるようです。張本智和選手、父親の張本宇さん、それから妹さんは日本に帰化されたようですが、お母さんは中国国籍のままのようです。

妹さんも幼少のころから卓球を始めていて、近い将来頭角を現すのではないでしょうかとてもこちらも楽しみですね!

ご両親は、1998年に日本選手のコーチとして来日しました。張本選手は、遊び場が卓球場で小さい時から卓球に慣れ親しんでいたのです。卓球をするために生まれてきたような子どもさんですね!

主な成績結果

2010年 全日本卓球選手権大会(バンビの部):優勝

2011年 全日本卓球選手権大会(バンビの部):優勝

2012年 全日本卓球選手権大会(カブの部):優勝

2013年  全日本卓球選手権大会(カブの部):優勝

2014年 東アジアホープス(団体)優勝、シングルス、準優勝

2014年  全日本卓球選手権大会(ホープの部):優勝

2015年 全日本卓球選手権大会(ホープの部):優勝

2016年 全国中学校卓球大会:優勝

とこのように、張本智和選手は卓球全日本選手権を6連覇!史上初の快挙日本では負け知らずのようです!今後また、快進撃が続きその度に点を取った時のあのポーズ!グーンと背中を反らす「ハリバウアー」が見れるのでしょうね。

それから、卓球選手の掛け声って個性があります愛ちゃんは「サアー」でしたが、張本智和選手は「チョレイ」と掛け声をかけます。

はたしてどんな意味があるのでしょうか?中国語?いえ違うようです!彼が、独自にあみだした掛け声のようです。

両親いわく、幼少期から叫ぶようになったそうです。この言葉で自分に喝を入れているのでしょうね!

ラケットの愛用品は?

ここまで、強い選手がどのようなラケット愛用しているのかとても気になりますよねそこで調べてみました。

ラケットは、バタフライ2016年6月に契約。特注「アリーレートカーボンシェーク」特殊素材「アリレートカーボン使用」は金額30,000円+税するようです。

バタフライの特注ラケットは、1本ごとに作製証明書カードが発行されていて、専用パッケージに入れて届けられるみたいです。

ラバーは、フォア面:テナジー80回転性能とスピード性能とバランスに優れた「テナジー」この値段はオープン価格のようです。

このラバーは、テナジーシリーズの中でも特に回転性能とスピード性能を高い次元で兼ね備えたのがテナジー80だそうです。

「回転性能とスピード性能のバランスが優れている」と評価されていて、開発コードNO180のツブ形状を採用しています。

ドライブ、スマッシュ、カウンターなどを選ばないオールラウンドなプレーを可能にしてくれる優れもののようです。

バック面はテナジー05FX回転性能と安全性の「テナジー」これもオープン価格です。

テナジーシリーズの高性能をそのままに、さらなるコントロール性能と安定性を追求したのがテナジーFXシリーズだそうです。

回転性能に優れた開発コードNO05のツブ形状のシートに「スプリングスポンジ」を柔らかく軽量化して組み合わせた「テナジー05FX」は、回転とコントロールを高いレベルで両立できるそうです。

アスリートの持つ身体能力やテクニックが一番必要ですが、そこに優れた用具を持つことによってその選手のパワーを最大限に発揮することができるわけです。

トップアスリートになればなるほど、慎重に選ぶのは当然だと思います。

スポンサード リンク

身長や体重もリサーチ!

張本智和選手は2年間で15センチも身長が伸びたそうです!成長痛はなかったのでしょうか?現在171センチ、体重56.6K。足のサイズが27.5センチなのでもっとのびしろありそうです。本人も180センチまではいけそうですと語っています。

卓球の場合身長が高い方がいいのでしょうか?素人の目からするとあまり背が高くなると機敏な動作ができないような感じがしますがどうなのでしょうね。

仙台ジュニアクラブ張本智和選手は、ここで1日3時間、土日4~5時間練習をしているようです。

彼はまだ13歳!これからの人です。張本智和選手の目標は2020年の東京オリンピックでの金メダル獲得です。きっとこのまま行けばその夢も現実のものになると思います。今後たくさんの苦難もあるかもしれませんが、コーチであるお父さんやお母さんと共に目標に向かって邁進していってほしいと思います。

2020年東京オリンピックにおいて卓球張本智和選手が表彰台の一番高い所に立ち、日本の国旗と君が代が流れることを期待しています。

スポンサード リンク