福岡市動植物園夜の動物園2017!入園料や割引は?アクセスや駐車場もチェック!

シェアする

夏、真っただ中!日中の温度は37°だったり38°だったりします。とんでもない暑さですよ!こんなに暑いと昼間に遊ぼうという気持ちにもなれません!

そこで、今人気の夜間に楽しめるレジャースポットが注目されているのです。例えばプールなんかもその一つで、思考を凝らした夜間プールが大盛況です。女性は特に日焼けを気にしなくていいのでいいですよね!

それから、今回ご紹介する福岡市動植物園の夜の動物園!これがまたいいんですよね!熊本にも動植物園があるんですが、夜の動物園8年ほど前に行ってみたのですが、昼とは違った動物の姿や、園内お雰囲気が昼間と全く違うので物凄く楽しめた記憶があります。

そのような楽しい思い出がありますので、今回福岡動植物園の夜の動物園をリサーチしてみたいと思います。

スポンサード リンク

福岡市動植物園夜の動物園2017!

開園日程

8月5日(土)、8月12日(土)、8月19日(土)、8月26日(土)9月2日(土)、9月9日(土)

開園時間

午前9時~午後9時(入園は、午後8時30分まで)

福岡市動植物園の魅力をまとめてみました!

魅力その1

昼間は、この暑さで、動物園の動物達もグロッキー状態で、移動することさえままならない状態のようです。でも、夜になると気温も下がり過ごしやすくなるため、動物達も活動が活発になってきます。

そして、夜行性の動物などは特に生き生きとした姿を見ることができます!また夜にはライト効果もあり、夜ならでは幻想的な動物園の雰囲気を味わうことができます!

魅力その2

動物たちの映像が楽しめます!飼育員さんたちが、間近で撮影した映像が観ることができます。

魅力その3

福岡市動物園オリジナルのスムージー「スムーZOO」は、フルーツたっぷりの飲み物です。チンパンジー、サイチョウ、マレーグマの3種類があります。

動植物園中央食堂で販売されています。

魅力その4

初登場!フルカラーLEDを使って動植物園にある樹木や花々を光によってライトアップします。

魅力その5

イルミネーションされたナイトガーデントレインが運行します!

魅力その6

植物園では、夜にしか咲かない珍しい花々を鑑賞することが出来ます。

魅力その7

昨年大好評だったバーベキューが動物園で楽しめます。それもとても綺麗な夜景を観ながらです!

バーベキューの予約は展望台カフェ

TEL:070-5594-6108

魅力その8

今年の秋オープンの福岡市科学館とタイアップして星空観測会が実施されます。場所は植物園の芝生広場で、望遠鏡を使って夜空を観測します。その時同時に科学館スタッフさんから星座の話も聞くことができます。

どうですか!見どころ満載でしょう!

暑さもしのげて、市の施設ということで入場料もとてもお得です!是非足を運んでみてください。

【注意】オランウータン、シロテテナガザル、チンパンジー、アラビアオリックス、カンガルーは夜間は観ることはできません。

入園料や割引は?

入園料 大人600円 高校生300円 中学生以下無料

中学生以下は無料というところがいいですね!

割引になる条件

1、中学生以下(無料)、高校生(大人の半額300円)

2、団体(30人以上)

3、障害者手帳の持ち主および付添人

4、福岡市、きたきゅうしゅうし、鹿児島市居住の65歳以上の方

5、ベネフィット・ステーション会員

6、地下鉄1日乗車券か地下鉄薬院大通駅・桜坂駅発行の乗車証明書を持っている方

7、西鉄電車・バス「福岡市動植物園きっぷ」を利用の場合

8、無料開園日

9、無料シャトルバス「ZOOバス」

10、動物サポーターの方(年間パスポート)

11、植物園友の会会員(年間パスポート)

スポンサード リンク

アクセスや駐車場もチェック!

アクセス

地下鉄大濠公園駅前~植物園正門を無料シャトルバスZOOバスが約20~30分間隔で運行します。(始発:大濠公園駅前17時発~最終:植物園正門21時10分発)

西鉄バス利用 56・57・58番利用「動物園前」「上智福岡中高前」「小笹団地正門前」

地下鉄利用の場合 地下鉄七隈線「薬院大通駅」下車 徒歩15分

駐車場

駐車場(1日の料金)

普通車:500円

中型車:1,000円

大型車:2,000円

週末は、かなり混雑します。

おわりに

夜の幻想的な動植物園!日中の暑さを避け、夜に散策できる遊び場!動植物園は今や子どものレジャー施設ではなく、大人も楽しめる場所なんです!夜ならではの光との融合も楽しみの一つですね!是非行ってみてください!

スポンサード リンク