一心行の大桜の開花情報!地震の影響は?アクセスもリサーチ!

シェアする

4月14日熊本地震の発生から1年を迎えました。

ちょうど昨日は、主人の仕事が休みだと分かっていたので微力ながら

阿蘇の復興に協力できるならばと1週間ほど前から食事に行く事を計画

していました。

田楽料理と古民家宿の「阿蘇乃やまぼうし」というお食事処です。

この「阿蘇乃やまぼうし」については、後日詳しくブログに載せたいと思っています。

今回は食事をした後、とても天気が良かったので、そのまま帰るのももったいないと思い

いつかは見たい、見たいと思っていた「一心行の大桜」を思い出し、行ってみることにし

ました。

車を40分ほど走らせ、目的地のそばまで行くと、桜の大木が見えてきました

その桜を目指していくと、専用の駐車場があり、入口の所に誘導員さんがいて、駐車料金を

そのおじさんに支払い駐車場に車を止めました。

そして、車を降りて少し歩いていくと

平日だから人はそんなに多くないだろうと思っていたのが大間違いでしたね!!

子ども連れ、、夫婦で来ている人、犬や猫を連れてきている人、カップルさん、

カメラが趣味の人、報道関係の人、とたくさんの人が来ていて、

こんなにたくさんの人が毎年見に来ているんだなと驚いてしまいした。

さすが、熊本のさくら名所人気NO1の場所だけあるなと感心しました。

ということは、平日でこの賑わいだから、週末はすごい混雑だろうとなと想像がつきます。

平日に来て良かったとつくづく思いました。

歩いて、お目当ての桜の近くに寄ってみると見事なまでに満開です!!その迫力たるや

凄まじいものがあります。

圧巻です!!

天気が良いことも手伝って大木の桜は、より一層きれいに見えました。

そして、風が吹くたび舞う桜もまた見事でした。

その周りで、レジャーシートを敷いて桜を眺める人や写真を一生懸命撮っている人

子どもや動物とたわむれている人、こんな風景を見ていると、社会情勢は、最近緊迫

した状態ですが、そんな不安も吹き飛ばすくらい、のどかで、日本って平和だなって

ことをつくづく感じました。

そして奥へ進むと、菜の花畑が広がり桜に負けないくらいイエローカラーが輝きを放って

いました。

桜と菜の花のコントラストが素晴らしくマッチしていました。

今年の一番きれいな満開の時にこれて幸運でした!!

スポンサード リンク

一心行の大桜の開花情報

4月13日午前9時に満開宣言がありました!

樹齢400年 幹回り約7.35m 樹高約14m 枝差し渡し約26㎝にも及ぶ扇形に広がる

一心行の大桜(いっしんぎょうのおおざくら)

場所は、熊本県阿蘇群南阿蘇村にあります。

1999年にテレビ朝日のニュースステーションでの夜桜中継があったことをきっかけ

に、そこからどんどんと観光客が増え始めてきました。

歴史

戦国時代に阿蘇合戦があった際、伯耆守惟冬(ほうきのかみこれゆき)が1580年(天正8年)

に薩摩の島津氏と戦い、矢崎城で戦いその地で世を去ったのでした。

その後、妻子は、少数の家臣と今の阿蘇にひっそりと戻り、城主と家臣たちの御霊を弔うため

に桜の苗木を植え、一心に行をおさめたというところから「一心行」の名がついたとされてい

ます。

大桜を襲ったこれまでの災難

昭和初期の落雷があって幹が6本に裂かれました。しかしその影響でドーム型に広がる美しい

形となったのでした。

それから、2004年の台風16号及び18号の影響で主幹の2本が折れてしまいドーム型では

なくM字型に姿を変えたのでした。

台風などで、空洞や腐食菌による被害が出ていて現在「くまもと緑の財団」により養生が

行われています。

何といっても樹齢400年ですからね!!これまでもたくさんの自然災害に見舞われてきたにも

かかわらず、健在でいるというのは本当に奇跡だと思います

それから全国でも5本の指に入る老木なのです。

地震の影響は?

地震の爪痕は、まだまだ大きく残っていました。

南阿蘇は断層の近くということもあり、家屋はもちろん、道路や橋が倒壊し、

寸断されている状態です。

そんな中、復旧工事が少しずつ進み、現在は、南阿蘇村への最短ルート「俵山トンネル

ルート」は復旧しています。

主要道路の被害があった場所は、臨時的に舗装はされているものの道路に凹凸が激しい

所があって車を走らせていて波打つ感じがしました。

それから、阿蘇連峰の山脈が大きな揺れの影響によって、地肌を見せ、地震前の姿とは

かなり様変わりをしていました。

それでも一心行の大桜は耐えました!!

2度に渡る大きな揺れを受けながらもこの大桜は、耐え抜いたのです。

奇跡的な出来事だと思います!!

阿蘇神社もなぎ倒した台風の威力だったのに

本当に踏ん張って、頑張りました。

そして、幾度もの苦境に耐え今年も、しっかりとつぼみをつけてくれました。

今年の満開は昨年より9日遅く、この10年間でもっとも遅くなったのです。

今年の桜の開花までの動きは

3月中旬には、硬いつぼみをたくさん付けていました。

3月下旬には、つぼみが大きく膨らんできました。

4月8日ごろ 8分咲き

4月13日  満開となりました。

満開から3日間は、19時~21時までライトアップされます。

残念ながらこのライトアップは、天候により中止になる場合があります。

また、毎年 「桜さくら祭り植木まつり」が開催されています。

    期間は3月下旬~4月上旬

スポンサード リンク

アクセスもリサーチ!

【電車】 南阿蘇鉄道中松駅から徒歩15分

【車】九州自動車道熊本ICから国道57号線・県道325号を経由し、県道39号を中松駅

   方面へ走行、約1時間の所にあります。

駐車場について

500台 収容可能 駐車場代金 普通車500円、バイク等200円、

          マイクロバス2,000円、大型バス4,000円

開花情報 くら情報テレホンサービス 0967-67-3321

お問い合わせ  0967-67-1112 企画観光課 商工観光係

   〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1

スポンサード リンク